white and blue pills

薬は、どのようなものであれ好き勝手にテキトーに使っていいというものではありません。
風邪薬でさえ、テキトーに飲んではいけない、用法用量を守ってのなまなければならないという決まりがあります。AGAに効くプロペシアやミノキシジルも、その点では多くの薬と変わりません。取り扱いに関して、しっかり注意しなければいけないのです。
たとえばミノキシジルは、頭皮の血管を拡張させて髪の毛の成長をサポートしますが、頭皮以外の部分の血行も、少なからず促進させます。
その結果、動悸が気になったり顔のほてりが出たり、さまざまな副作用が見られます。そして飲む量を間違えてテキトーにたくさん飲むと、副作用の程度がひどくなってしまうことがあるのです。心臓などの器官に過剰な負担を強いて、体調を崩してしまう原因になります。

また、自分ひとりのことではなく周りの人にも関わることでは、プロペシアの扱いが挙げられます。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、成人男性にとっては良い効果をもたらす成分ですが、未成年者や女性に対しては危険な成分となります。
特に女性に対しては、ホルモン異常を誘発させたり、妊婦の場合はお腹の子どものホルモン異常を引き起こす可能性もあります。そのことから、未成年者や女性、特に女性に対してはその成分を口にすることはもってのほか、指で触ることも現金であるとされています。指に付着したやつを、何かのきっかけで口に入れてしまうこともあるからです。
というわけで、AGA治療のためにプロペシアを購入する場合には家にいる女性にはしっかり注意するようにしましょう。