drugs

ミノキシジルは、ある働きを持つ成分の名前です。この成分を活かした医薬品としては、ミノキシジルタブレットやロゲインといったものがあります。ミノキシジルタブレットは文字通り錠剤(タブレット)タイプの飲み薬。ロゲインは頭頂部や額の生え際など、AGAの進行が気になる部分に滴下してすりこむ塗り薬です。ミノキシジルが使われた医薬品には、高い育毛効果があります。
AGAが起こっているとき、人の頭皮は簡単に言えば血液量が不足した状態にあります。DHTと呼ばれる男性ホルモン中の物質によって髪の成長サイクルがおかしくなり、さらに頭皮の血液量が不足して、髪の毛にとってほとんど絶望的な状況が作り上げられます。
DHTのほうはプロペシアによって解決できる問題ですが、頭皮の血液量のほうは、ミノキシジルで解決する必要があります。

具体的には、ミノキシジルは血管を拡張させる効果を持っています。
AGAになると頭皮の血管は細く収縮してしまい、髪の毛を育てるのに十分な量の血液が送り込まれないようになります。血液は、ご存知の通り体内のあらゆる場所にめぐって栄養分や酸素などを送り込んでいますが、それらの量が不足してしまうことになるのです。結果、髪の毛は細く短いままで息絶えてしまい、AGAが加速することになってしまいます。
ミノキシジルを摂取することで、そのような状況を改善できます。血管を拡張させることで髪の毛が充分な栄養を受けて育つことができるよう、促します。
さらに、ミノキシジルにはAGAが進行することで働きが鈍る成長因子にハッパをかける役割も担います。
髪を育てるための血液量を充実させ、成長因子を活発化させて、髪を育てる成分なのです。